蜆オルニチン活用ガイド
メインイメージ

二日酔い対策にオルニチン

お酒に強い、弱いに関わらずその日の体調次第で誰でも二日酔いになってしまうことがあります。
普段お酒に強く、二日酔いとは無縁!という人でも肝臓の機能が弱っていると翌日、二日酔いに襲われることもあるんですよ。
肝臓の機能がUPする成分として注目したいのが蜆に多く含まれるオルニチンです。
二日酔いを回避するには、体内のアルコールを分解し尿で排出する必要があります。
分解せずアルコールが残ってしまうと頭痛やだるさといった二日酔いを引き起こします。

オルニチン自体はアルコールの解毒はしませんが、体にとって有害なアンモニアを解毒します。
アルコール分解で疲れた肝臓に働きかけ、有害物質を尿にかえて排出させるのです。
しかし一度に大量のアルコールを飲むと分解作業が追い付かないだけでなく、肝臓に疲労がたまります。
肝臓を健康に保ち、フル活動できる状態にしておけばアルコール分解がスムーズになります。

お酒を飲んだ後にサプリメントを飲む、翌朝しじみのお味噌汁をいただくのも二日酔いに効果的です。
日常的に飲酒をする方は、肝臓に疲れをためないためにもオルニチン摂取を毎日の習慣にしましょう。

お腹が空っぽの状態で飲酒をするとアルコールが急激に吸収され肝臓に大きな負担がかかってしまいます。
軽く食事を済ませてから飲み会に参加をするのもお勧めです。
予防と対策をしっかりすればお酒を飲んだ翌日も怖くありません。

トップに戻る