蜆オルニチン活用ガイド
メインイメージ

蜆オルニチンのサプリメント

「土用蜆は腹薬」という言葉が昔からあるように,蜆はからだに良い食材として知られており,なかでもお酒を飲んだあとには蜆の味噌汁が良いと言われるくらい肝臓にとってよい成分が含まれています。
これは,蜆に含まれるオルニチンという成分が肝臓の働きを保って疲労回復効果をもたらすためであり,この蜆オルニチンの力は非常に注目されています。

肝臓の働きを保つということですが,肝臓はからだの中で代謝や貯蔵,解毒といった大事な役割をしている部分であり,肝臓が正常に機能しないと肝不全となり悪影響どころか生命の危機にもおちいってしまいます。
とても大事な内臓である肝臓の中に,実はオルニチンは存在しており,有害物質の解毒を担うなどの働きをしていますが,このサイクルのことをオルニチンサイクルといい,オルニチンが増加するとオルニチンサイクルも活発化してエネルギー生産をスムーズにすることにより疲労回復につながっています。

このオルニチンを体内に取り入れるのにふさわしい食品が蜆ですが,蜆以外にオルニチンを含む食品というと,キハダマグロやチーズなどがありますが,蜆にはキハダマグロやチーズの10倍以上のオルニチンが含まれているというように蜆以外には考えられない結果になっています。
毎食蜆を摂取するということは難しいと思いますので,サプリメントで蜆オルニチンを補うことができると良いですね。

トップに戻る