蜆オルニチン活用ガイド
メインイメージ

なぜ、しじみが健康に良いと言われるのか?

しじみの持っている栄養で注目すべきはオルニチンです。
これはアミノ酸の1つで、様々な健康効果が期待出来ます。
まず、オルニチンは身体を軽くする効果があります。
これは、オルニチンが成長ホルモンを促して新陳代謝をアップさせるためです。
代謝が良くなれば、血行が良くなって身体が温まります。
すると脂肪も燃えやすくなるため食べても太りにくい体質になります。
これにより余分な脂肪が落ちて体重が減り、身体が軽くなったように感じられるのです。

身軽になれると自然と身体の動きが良くなります。
積極的に動いたり運動をしたくなったりするため、筋力や体力がアップしたりストレスが減ったりします。
結果、心身ともに調子が良くなり、不摂生気味だった人は悪循環を断ち切れるのです。

オルニチンは、疲労を回復させる効果もあります。
これは、オルニチンサイクルが関係しています。
このサイクルとはオルニチンが肝臓に達すると、人体にとって有害なアンモニアを代謝させられる仕組みのことです。
オルニチンは、アンモニアを尿によって排出させることが出来ます。
肝臓は解毒作用があるため、疲労が溜まると本来であれば肝臓が活発になって有害物質を身体の外へ出そうとします。
しかし、この量があまりに多いと肝臓の働きが悪くなるのです。
オルニチンは、アンモニアの排出を促して肝臓の稼働率を下げることが出来るため、肝臓機能の低下も抑えられます。

しじみが身体に良いと言われる所以が、お分かり頂けたでしょうか?健康維持に努めたいと思ったら、しじみの持つオルニチンを摂取してください。

トップに戻る