蜆オルニチン活用ガイド
メインイメージ

効率よく摂取するならインスタント味噌汁やサプリメントを活用しましょう

しじみ料理として一般的なのは、やはりしじみの入ったお味噌汁ではないでしょうか。
一晩、塩水で砂抜きをしたしじみを鍋に入れ、水と一緒に煮出し適量の味噌を入れればしじみ汁が出来あがります。

さてこの手作りしたしじみ汁の中には、どのくらいのオルニチンが含まれているのでしょうか。
一人分10個程度のしじみが入っていると計算すると約30ミリグラムのしじみが含まれており、オルニチンの量は3グラムから4グラム程度です。

ちなみにしじみのオルニチンの量を増やす裏ワザがあります。
それは、砂抜き処理をしたしじみを冷凍させる方法です。
冷凍させるだけでなんとオルニチンの量が8倍にも増えるのです。
冷凍した手作りのしじみ汁は24グラムから32グラムのオルニチンが含まれるという計算になります。

ちなみに一日の必要なオルニチンの量は500ミリグラムから1000ミリグラムがよいとされています。
肝臓機能の回復を目的としてオルニチンを服用するのであれば、一日1000ミリグラムから1500ミリグラム必要とされます。
ダイエット効果を目的とするのであれば、一日2000ミリグラムから3000ミリグラムのオルニチンが必要となります。
そのため冷凍したしじみ汁でも一杯24グラムから32グラムしかありませんので、しじみ汁だけでは到底この量には及びません。

そこでおすすめなのが、インスタントのしじみのお味噌汁を活用する方法です。
インスタントの方が手作りのしじみ汁よりもたくさんのオルニチンが含有されています。
色々な製品がありますので、オルニチン含有量の多いものを選ぶとよいでしょう。

オルニチンの量もしじみ70個分からなんと200個分まで様々なものがあります。
ちなみに200個分だと、オルニチンを88ミリグラム含有していることになります。
高濃度のオルニチンが含まれていますが、一日の最低ラインの500ミリグラムには、まだまだ及びませんので、インスタントのお味噌汁と併用しながら、オルニチンのサプリメントを活用するとよいでしょう。

サプリメントも併用する場合は、適正量を超えないように服用しましょう。

トップに戻る