蜆オルニチン活用ガイド
メインイメージ

遊離アミノ酸オルニチンは疲労、ストレスを緩和させてくれる

しじみと言えばオルニチンを含んでいるため、肝臓機能の回復に効果があると言うことは、よく知られています。
しかしこの他にも、ストレスを緩和させてくれる効果もあるのです。

オルニチンは肝臓で働くアミノ酸です。
人の体内にも存在しており、しじみ以外にも鮪やヒラメ、チーズやパン、えのきだけなどにも含まれています。

実はこのオルニチンには、疲労回復効果やストレスを軽減させてくれる効果があります。
オルニチンは通常のアミノ酸とは異なる構成をしており、遊離アミノ酸です。
遊離アミノ酸はタンパク質と結合することはありません。
そのため、人の体内で、一つのアミノ酸として存在しています。
肝臓の中だけではなく、血液中の中でも存在することが出来るため、アミノ酸不足になった時に、体内の遊離アミノ酸がアミノ酸が不足した部分に集まり、アミノ酸を補給することが可能です。

オルニチンはアンモニアを解毒する働きがあります。
肝臓機能が弱回った時や、身体が疲労した時、ストレスを感じた時には、身体の中でアンモニアの量が増えていきます。
普段からオルニチンの量が十分に摂取出来ている方であれば、体内や血液中に存在している遊離アミノ酸でもあるオルニチンが、すぐに反応し、アンモニアを解毒してくれるのです。
そのため、オルニチンが十分に体内に存在している人ほど、疲労回復効果が高く、ストレスを感じずに済むということになります。
オルニチンで疲労やストレスを緩和することが出来れば、肌にもよい影響を与えることが出来ます。

またオルニチンには、疲労ホルモンの分泌量を抑制する効果もあります。
仕事や人間関係などで肉体的にも精神的にも疲れを日々感じている方は、オルニチンのサプリメントを服用してみたり、しじみのお味噌汁を飲んでみるとよいでしょう。

トップに戻る