蜆オルニチン活用ガイド
メインイメージ

肝臓を健康にするオルニチンの働きと効能

しじみに含まれるオルニチンは、肝臓の機能低下を予防する働きがあります。
こちらでは、オルニチンの働きや効能について詳しくお話します。

まずは、オルニチンの働きです。
肝臓はアルコールやストレスが発端となって体内に蓄積するアンモニアを解毒する作用があります。
オルニチンはこれをサポートする働きがあり、その正体はアミノ酸です。
アミノ酸は全身に存在していて、血液に乗って体内をめぐりながら各臓器まで届いて働き、肝臓でも最大限に機能を発揮しながら、解毒を助けています。
肝臓の中に入ったオルニチンは、アンモニアと結びついて無害の尿素へと変換します。

このシステムは、オルニチンサイクルと呼ばれるもので、さらにエネルギーを生みだすミトコンドリアの働きをサポートし、疲労を感じさせないようにしてくれます。

一方でアンモニアが増えすぎると、エネルギー源となるミトコンドリアやATPの働きが妨害されるため、疲労を感じやすくなります。
アンモニアは、暴飲暴食や不眠、夜型生活など、好ましくない習慣によって増えるため、肝臓を都度フル稼働させているといずれ追い付かなくなり、肝機能が停滞します。

オルニチンはこういった状態の時に効果を発揮します。
アンモニアの分解が追い付かず、力が出なかったり疲れがとれなかったりしている時には、オルニチンを補充して肝機能を活性化させると改善します。
他にも二日酔いや朝の目覚めによく効き、疲れにくい状態へと体質を変えてくれるため、デイリーで摂取することがおすすめです。

トップに戻る