蜆オルニチン活用ガイド
メインイメージ

しじみの栄養成分と効果効能

しじみにはオルニチンやタウリン、ビタミンB群、カルシウム、鉄分、亜鉛など、さまざまな栄養素が含まれています。
これらしじみに含まれる栄養成分の効果効能を見ていきましょう。

しじみの代表的な栄養成分といえば、オルニチンです。
オルニチンはアミノ酸の一種で、「必須アミノ酸」が理想的バランスで含まれています。
効能としては、肝臓の働きを助け疲労回復や二日酔い予防、美肌効果なども期待できる栄養素です。
シジミは古くから肝臓に効果的と言われますが、それはオルニチンの働きによるものなのです。

タウリンの効能は、肝機能強化・疲労回復・血圧低下・血糖値やコレステロール値の減少などです。
また、胆汁の働きをや肝臓の解毒作用を促進・活性化させます。
ビタミンB群では、赤いビタミンと呼ばれ造血に欠かすことのできない、造血作用があって貧血を防ぐ効果があるビタミンB12が豊富です。

カルシウムは、強固な骨や歯などを作るために必要な栄養素です。
骨粗しょう症予防・肩こり予防・イライラ防止などに効果を発揮します。
鉄分は、赤血球を構成するミネラルのひとつで、免疫機能強化・疲労回復・口内炎予防・低血圧改善・成長促進など重要な働きをしてくれる栄養分です。

亜鉛は、細胞生成を促進する酵素のひとつで、細胞の新陳代謝を活発にします。
また、亜鉛はビタミンCとの働きでコラーゲンを生成したりメラニンの代謝を促したりするなどの効果があります。

トップに戻る