蜆オルニチン活用ガイド
メインイメージ

汁だけでなくしじみの身を食べるメリットとは?

蜆汁には蜆オルニチンがたっぷりと入っています。
蜆オルニチンは、私たちの体にある遊離アミノ酸で、私たちの体に有害なアンモニア解毒を行ってくれます。
蜆オルニチンを摂ることによって、脳を働かせるために必要なグルコースの生成を邪魔するアンモニアを代謝してくれます。

蜆オルニチンを食べ物から得るためには、蜆汁を毎日飲みましょう。
蜆汁を飲むときは、汁だけではなく、蜆の身を食べることが大切です。
蜆の身は小さいし、貝から身を1つずつとることがなかなか大変ですが、蜆の身には大切な栄養成分がつまっています。

蜆汁は汁がおいしいと感じる方が多いのではないでしょうか?その理由は蜆にたくさん入っているグルタミン酸が、汁の中に溶け出しているからです。
蜆には、カルシウムやオルニチン、鉄やリンなど多くのミネラルが含まれています。
研究の結果、これらの成分のうち一部は汁に溶け出してしまうのですが、その多くは身に残るということが分かりました。
よって、シジミ汁を飲むときは、汁だけではなく身を食べることが大切なのです。
今までシジミ汁を飲むときは、身を残してしまっていたという方は、これから気を付けてみてください。

蜆オルニチンがたっぷりと含まれているシジミ汁を毎日飲み続けることはなかなか難しいと思うので、シジミ汁を作ることができない日は、手軽に摂ることができる蜆オルニチンサプリメントを利用すると良いでしょう。

トップに戻る