蜆オルニチン活用ガイド
メインイメージ

しじみエキスってどんなもの?

古くから肝臓に効く滋養食品として知られているしじみを煮つめて栄養素を煮出し、濃縮されただし汁のことを「しじみエキス」といいます。
だし汁は、これを煮つめるにつれてつれて白い色へと変化していきます。
こうして抽出したしじみエキスは、おもに健康食品のサプリメントに使用されています。
乾燥させて粉末状にしたタイプや飲みやすい大きさの粒状タイプのサプリメントに加工したり、液状のドリンクタイプのサプリメントに利用されされたりしているのです。

これを原料にしているしじみエキスには、当然のことながら本来しじみが持っている主な栄養成分をそのまま含んでいます。
良質のタンパク質で、肝細胞の修復を促進したり胆汁の排泄やアセトアルデヒドを排除したりするにはたらきのあるメチオニンやタウリンをはじめ、肝臓の機能を活性化したり増血作用のあるビタミンB群などしじみ本来の栄養成分を含んでいます。
また、しじみエキスで期待される効果や効能についても、しじみの栄養成分をそのまま維持していることから肝臓の機能促進・貧血改善や予防・二日酔いの症状改善・美容効果などしじみの持つ効果効能を期待できます。
なお、サプリメントは、しじみエキスだけではなく他の添加物を加えた多様なものが市販されています。


トップに戻る